スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院へ行く3 

さらに、別の皮膚科へも行った事があります。

これも高校生の頃。

今度は高校から歩いて10分くらいのところにある個人の医院です。

(皮膚科って結構たくさんあるものなんですよね~)

こんどは、飲み薬は処方されませんでした。

塗り薬を処方されました。

「サランラップ方式」?だとか言われて・・・。

爪に薬を塗ってその上からサランラップを巻くという治療方法を進められました。

今思えば、そんなんで治るんかい!とツッコミたくもなるのですが、

当時の私は、それでなおるならお安い御用だ!と思ったものです。

結果は、もちろん、治るわけもなく・・・。

それから、わたしはしばらくの間、

この爪白癬を治すことを半ばあきらめ、ともに暮らすこととなったのです。



スポンサーサイト

病院へ行く2 

病院へ行こうと決意した時。

どこの病院へ行くかに悩みました。

結局は、高校から15分から20分くらい歩いたところにある個人医院へ行くことにしました。

初めて、その病院へ行くと患者さんはひとりもいなかったことに不安を覚えています。

しかし、ここで帰るわけにもいかず、診察を受けました。

爪白癬だということを告げられ飲み薬を処方してもらうことになりました。

その薬は毎日半年間飲み続けなければならないものです。

今、思えば面倒・・・。

でも、そのときは、それで治るならお安い御用だ!と思ったものです。

そして、私は半年間その薬を飲み続けました。

いっぺんに大量には処方してもらえないので、薬がなくなるごとに、

その病院へ、雨の日も風の日も通いました。

その結果・・・。

実はよく覚えていないのですが・・・。

その後も爪白癬に悩んでいたということは、

治らなかったのだと思います。

もしくは、すぐに再発したか・・・。

とにかく、完治はしなかったわけです。



病院へ行く1 

しばらくは市販の薬で治そうとしていました。

でも、塗り薬は効きませんでした

そこで、液体の薬を塗りました。

根気欲続けていると水虫は治っていきました。

でも、油断するとすぐに再発・・・

そんなことを続けているうちに、

とうとう爪白癬になってしまいました

そう、爪水虫です。

これも、「あ、やってしまった!」という瞬間を覚えています。

ある日、右足の親指の爪を切っていたときのこと。

誤って爪きりで皮を少し切ってしまったのです。

おそらく、ここから白癬菌が爪の中に入り込んだのでしょう

それから、足の親指の爪に異変が起こり始めました。

白く濁り始めたのです。

そして、爪がどんどん厚くなっていきました。

これではもう市販の薬では治らないということで、皮膚科へ行くことにしました。

高校生の時の出来事です。



水虫の始まり・・・ 

私が、初めて水虫になったのは、確か小学校高学年のときです。

なぜ、水虫になったのか・・・。

原因は母親です!

母親が水虫でした。

その母親の足を揉みほぐすのに、私はよく母親の足の裏を踏んでいました。

ある日、また、いつものように「足を踏んでくれ」と言われました。

そのとき、私は裸足だったので水虫がうつるからイヤだと言ったのですが、

大人の勝手なごまかしで

「大丈夫だから。うつるわけがない。」
と言われ・・・。

まだ、子供であった私は素直に信じ、水虫の母親の足を裸足で踏んだのです。

それがきっかけでした。

いつからか、私の足の指の間が痒くなり

ジクジクと割れてきたのです


必死で塗り薬をつけて何度も治ったり再発したりを繰り返していました。

そのうち、今度は足の裏が粉を吹き始めました。

足の裏一面に白い粉が吹き皮がむけてきたのです。

ちょうどその頃、ある行事でお泊り会がありました。

寝るときには当然裸足になります。

私は、自分の足がみっともないので、

できるだけ靴下を脱がないようにしていました。

でも、布団に入るときにはやはり靴下を脱がなければなりません。

ということで、布団に入る直前に靴下を脱いだのですが

(小学生の涙ぐましい努力・・・)

一緒にお泊り会にきていた女の子に見られていました

何か、言われたわけではないのですが、

驚きの目で私の足の裏を見ていたのに気づいたのです

。 もう、何十年も前の出来事なのに、

私はあの瞬間を忘れません!


こんな感じで私の水虫ライフが幕を開けたのです。



爪白癬になってしまった 

はじめまして。 このブログは私の水虫、爪白癬との苦闘の日々をつづっていきたいと思います。

多くの人が水虫だといわれていますが、皆、それを隠したいと思っていますよね。

私も、水虫は隠し通してきました。

その努力や不便さなどを記したいと思います。

そして、な、なんと、

あのしつこい爪白癬が治ってきたのです!

その報告もありますので、ぜひ読んでくださいね!



skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 水虫、爪白癬が治った! all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。